大南龍昇(おおみなみ りゅうしょう)上 人
 
昭和16年生まれ。前湊済寺住職(千葉県富津市)。大正大学大学院を卒業後、大正大学仏教学部助手をへて教授へ。平成24年に大正大学を退職。印度学仏教学会、日本仏教学会、仏教思想学会等会員および淑徳大学公開講座講師。
大南園主のお父様は、弁栄聖者から得度を受けられたご縁の深い方でした。大南園主も大正大学の学生時代、前園主の河波上人とご一緒に鉢伏山のお別時に参加されるなど、若い時代から光明主義とのご縁をいただきました。

平成28年に園主に就任。光明園での月例会、唐沢山別時のお導師など、光明主義の布教活動に努めておられます。
 
【著 作】
『仏教近代化の諸相』(共著 大正大学 1999年)
『新国訳大蔵経 本縁部1 仏所行讃』(共著 大蔵出版 2002年)
『一切経解題辞典』(監修大東出版社 2002年)
▲ページトップへ

l
 
 

光明園は、昭和27年9月に東京都練馬区豊玉北に開設されました。
東京でも大変ユニークな「念仏道場」として、月の例会として「お念仏とご法話」「一行三昧」等の行事を開催しています。
念仏をされるかたは、各宗派や各教義にとらわれることなく、多くの方々の念仏道場として開放されています。

トップ】【光明園について】【園主のご紹介】【光明主義と弁栄聖者】【法話】【書籍のご紹介】【リンク
光明園へのアクセス】【お知らせ】【お問い合わせ

宗教法人 光明園
〒176-0012 東京都練馬区豊玉北4丁目12-12
TEL:03-3991-5808